尾道ラガーにハングクリーンを説明しているところ(動画あり)


夏休みに尾道高校ラグビー部の柳川賢吉君がハングクリーンとトレーニングを学びにやって来ました。合宿直後なのに、わざわざ園田まで来ていただいて、ありがとうございます。

トレーニングに熱心なアスリートさんにはどんどん指導したくなります。尼崎ウエイトリフティング道場の監督としての血が溢れ出そうです(笑)

ダッシュやジャンプはもちろんのこと方向転換や横の移動には大きな脚力が必要になってきます。
わかりますよね?地面を蹴らないと、自身の体を移動できません。ゆっくりな動きでいいのであれば、今のままでもいいかもしれませんが、アスリートは常に爆発的な動きを繰り返しています。

より速く、より高く、より短く、より素早く…しかも正確に確実に動作させなければなりません。

私はその動きを身につけるためにハングクリーンを導入しています。ハングクリーンは爆発的に身体を動作させないとバーベルは浮いてきません。とてもメリットある種目であるけれども、一瞬のうちに正確に終わらせる必要があり、関係する関節、筋肉も多様であり、習得するにはまぁまぁ時間も要します。

しかし、私は30年ウエイトリフティングに関わってきた目を持っています。その目を持ってエラーを発見し修正します。そこが私の強みだと思っています。

尼崎ウエイトリフティング道場 監督の私ですが、向上心のあるアスリートにはウエイトリフティングのほかにもレジスタンストレーニング、プライオメトリクス等もどんどん指導します。

動画はハングクリーンを説明しているところです。

お問い合わせ&ご予約はmaxtrumpet@yahoo.co.jpまでお願いします。


  1. campaign

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP